UPCOMING

TRAVEL / Kanzan gallery

TALK EVENT|岩根 愛 アーティスト・イン・レジデンス報告会

 

2022年10月8日[土]15:00-

入場無料、定員30名/要予約 >>予約フォーム

 

[概要]

海外のアーティスト・イン・レジデンスに参加する、写真・映像を表現手段とする日本の若手アーティストの渡航費(旅費)をサポートする新プロジェクトTRAVEL / Kanzan gallery

今年度は、写真家・岩根愛さんが2022年7月から9月、アメリカのレジデンス(Kala Art Institute)に参加され、滞在制作を行いました。Kala Art Institute & Galleryにて開催されたレジデンシーアーティストの展覧会"FOREVER WAS NEVER TILL NOW"、新作の撮影、レジデンシーでの制作などの情報をスライドを交えながらお話いただきます。

来年度も2名のアーティストへの助成を行います。今回のトークでは、その応募概要についても説明いたします。

-

プロフィール

 

 

 

 

 

岩根愛 写真家

東京都出身。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学し、オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、1996年より写真家として活動を始める。2006年よりハワイ移民を通じたハワイと福島の関わりをテーマに制作を続け、福島県三春町にも拠点を構える。2018 年、『KIPUKA』(青幻舎)を上梓、第44回木村伊兵衛写真賞、第44回伊奈信男賞受賞。ドキュメンタリー映画『盆唄』(中江裕司監督作品、2018年テレコムスタッフ)を企画、アソシエイト・プロデューサーを務める。

2020年、「あしたのひかり-日本の新進作家Vol.17」(東京都写真美術館)に『あたらしい川』を出展、作品集『A NEW RIVER』(bookshop M)上梓。2021年、第37回写真の町東川賞新人作家賞受賞。

著作に『キプカへの旅』(太田出版)『ハワイ島のボンダンス』(福音館書店)。

-

TRAVEL / Kanzan gallery

kanzan galleryが、その活動目的である「若手アーティストのサポート」の一環として、海外の提携アーティスト・イン・レジデンスに参加する、写真・映像分野で活動している日本在住のアーティストの往復航空運賃を助成します。2021年は、野村恵子さんがポーランド(BWA写真家エクスチェンジ/ヴロツワフ)のレジデンスに参加されました。

[Cabinet project]

この度、kanzan galleryは6周年を迎え、新たな3つのプロジェクトをスタートします。

そのうちの一つ「cabinet」のご紹介です。

「cabinet」は、作品の販売でアーティストをサポートする新プロジェクトです。

 

価格帯は1万円台から。当ギャラリーで展示した作家の作品を中心に、ゲスト作家の作品も揃えました。プリントはキャビネット(cabinet)に作家ごとに入っています。プリントを自由に取り出していただき、並べてご覧いただけるよう、広いテーブルも設置しています。

 

第一弾として、6アーティストによる約60枚のプリントをご用意しました。2022年9月に、第一回目のイベントを行う予定です。詳細はSNSやメールで発表いたします。どうぞご期待ください。

 

2022年8月

kanzan gallery cabinetチーム一同

 

TRAVEL by kanzan gallery

 

この度、kanzan galleryは6周年を迎え、新たな3つのプロジェクトをスタートしています。その一つである「TRAVEL(トラベル)」は、海外のアーティスト・イン・レジデンスに参加する、写真・映像を表現手段とする日本の若手アーティストの渡航費(旅費)をサポートするプロジェクトです。

 

これまで、欧米の多くのレジデンス施設から日本のアーティストに来て欲しい、紹介してもらえないかという相談を受けてきました。しかし、渡航費が数万円であることがほとんどで、レジデンス作家に選ばれても日本から参加するとなると自己負担額が大きくなってしまうことが問題でした。レジデンス期間中は他にお金を稼ぐ仕事はできない訳ですし、細かい諸々の経費なども考慮すると、結局はかなりの金額を用意できないと参加は難しくなってしまいます。

 

海外のレジデンスに参加する経験はとても貴重です。日本と異なる環境、アートシーン、作品についての解釈や考え方、そして、アーティストやキュレーター、ギャラリストなどとも出会えるチャンスです。個人的には、日本で正しいと思われていることが別の国でも同様だとは限らない、今いる場所だけが全てではない––––こうしたことを、身を以って感じて来るだけでも、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、今後の人生にとって大きな価値があるように思います。

 

渡航費を助成することで海外のレジデンスに参加できるなら、何としてもサポートしたいという思いから、この助成プロジェクトをスタートしました。詳細、応募方法は >>こちらから。皆様のご応募をお待ちしています。

 

2022年8月

 

TRAVEL by kanzan gallery ディレクター 菊田樹子

[EVENT] 終了しました。

 

Stephen Gill

Print Fair

 

現在来日中の写真家、スティーブン・ギルのワークプリント、ビンテージプリント、スペシャルプリントなどを当ギャラリーにて販売いたします。作家も在廊します。大変貴重な機会となりますので、ぜひお越しください。

(特に事前の申し込みはございませんが、来場者が多い場合、入場制限をさせていただく可能性もあります。ご了承いただけますようお願いいたします)

 

2022年4月20日[水]17:00-21:00

会場:@kanzangallery

 

[プロフィール]

Stephen Gill スティーブン・ギル

1971年イギリス・ブリストル生まれ。現在、スウェーデンを拠点に活動している。2000年頃より本格的に作品の発表をはじめ、テートやヴィクトリア&アルバート美術館などヨーロッパ各国の美術館に作品が収蔵されている。

また、自主出版レーベルNobody booksを2005年からスタート。これまでに25冊の写真集を発行し、アルル国際写真フェスティバルの写真集賞をはじめ、多数の写真集の賞を受賞している。2021年10月から2022年1月まで、Arnolfini国際現代アートセンターで大規模な回顧展を開催した。www.stephengill.co.uk

[Photography Foundation Program(仮)]終了しました

 

写真家・Stephen Gill ポートフォリオレヴュー開催のお知らせ

この度、kanzan galleryは6周年を迎え、写真について考え、学ぶ新しいプログラム「Photography Foundation Program(仮)」を立ち上げる運びとなりました。

そのオープン記念特別レクチャーとして、写真家・スティーブン ギルのポートフォリオレヴューを開催致します。

受講は6名、見学は10名まで(午前5名、午後5名)、先着順となります。

大変貴重な機会となりますのでぜひご応募ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

-

 

Photography Foundation Program(仮)オープン記念特別講義

Stephen Gill ポートフォリオレヴュー

2022年4月17日[日]10:45-15:30

[場所]Kanzan gallery

[受講料]12,000円(税込)

 *レヴューは30分間(通訳込み)です。

 *ポートフォリオ、または写真集などの出版物でも可能です。

[見学のみ]3,300円(税込)

[お問い合わせ]info@kanzan-g.jp

 

>>ご予約フォーム

 *受講・見学の人数が定員となりましたので受付を終了致します。

 

[タイムスケジュール]

 ①10:45-11:15

 ②11:25-11:55

 ③12:05-12:35

 ---

 ④13:40-14:10

 ⑤14:20-14:50

 ⑥15:00-15:30

 

 

[プロフィール]

Stephen Gill スティーブン・ギル

1971年イギリス・ブリストル生まれ。現在、スウェーデンを拠点に活動している。2000年頃より本格的に作品の発表をはじめ、テートやヴィクトリア&アルバート美術館などヨーロッパ各国の美術館に作品が収蔵されている。

また、自主出版レーベルNobody booksを2005年からスタート。これまでに25冊の写真集を発行し、アルル国際写真フェスティバルの写真集賞をはじめ、多数の写真集の賞を受賞している。2021年10月から2022年1月まで、Arnolfini国際現代アートセンターで大規模な回顧展を開催した。www.stephengill.co.uk

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F