Kan

Zan

Gallery

『言葉とイメージ』 Vol.2

松本美枝子

ぼう然/じ若

キュレーター 菊田樹子

松本美枝子は、「まとめようもない、無意味な、スナップとポートレートの中間のよう」な写真を撮り続けている。「言葉」は、甚だしく断片的で、含意的なそれらを繋ぐ手段のひとつだ。本展では、夢をモチーフにした、新たなインスタレーションを展開する。

TALK1:6月11日(土)17:00-18:00 鷹野隆大(写真家) x  松本美枝子(写真家)/ RECEPTION18:30-20:00

TALK2:6月18日(土)15:00-16:00 畑中章宏(作家・民俗学者) x  松本美枝子(写真家)

定員20名/要予約(TEL=03-6240-9807 info@kanzan-g.jp)

松本美枝子

1974年茨城県生まれ。実践女子大学文学部美学美術史学科卒業。主な展覧会に「クリテリオム68 松本美枝子」(水戸芸術館、2006)、中房総国際芸術祭「いちはらアート×ミックス2014」、「原点を、永遠に。」(東京都写真美術館、2014)など。主な書籍に写真詩集「生きる」(共著・谷川俊太郎、ナナロク社、2008)、写真集「生あたたかい言葉で」(2005)、最新刊に鳥取藝住祭2014公式写真集「船と船の間を歩く」。

www.miekomatsumoto.com

 

「言葉とイメージ」

2016年5月から全4回の展示を通して「言葉とイメージ」について考える展覧会シリーズ。マグリットやフーコーをはじめ、さまざまな試みや論考がすでに存在しているが、未だに多くの表現の可能性を残しているこのテーマに、現在の作家たちがどのように向き合っているのかを探る。

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery