FUKUSHIMA ONDO, Shosuke Nihei, Kailua Camp

Kanzan Curatorial Exchange 「緯度温度 vol.2」

岩根愛「FUKUSHIMA ONDO」

キュレーター:原 亜由美

協力:菊田樹子

 

2018年 11月17日(土)- 12月2日(日)

12:00-19:30/日曜17:00まで/月曜定休/入場無料

 

助成:公益財団法人野村財団

 

 11月17日(土)

OPENING TALK : 17:00-

小林美香(写真研究者) × 岩根 愛

RECEPTION : 18:30-

 

11月28日(水)

TALK 2 : 19:00-

港千尋(写真家・著述家) × 岩根 愛

 

 

岩根愛の個展「FUKUSHIMA ONDO」を開催いたします。岩根愛は2006 年以来12 年にわたって日系ハワイ移民のコミュニティを訪ね、とりわけ夏に催される「ボンダンス」に魅了されて作品制作を続けてきました。本展は「ボンダンス」で踊り継がれる「FUKUSHIMA ONDO」を伝えた日系一世の記憶を現代に重ねる視点で、写真集『KIPUKA』収録作品にて構成されています。

 

岩根 愛

写真家。東京都出身。1991 年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、アシスタントを経て1996 年に独立。雑誌媒体、音楽関連等の仕事をしながら、フィリピンのモンテンルパ刑務所(2010)、ロシアのニクーリンサーカス(2011)、台湾の三峡台北榮民之家(2012)など、世界の特殊なコミュニティでの取材に取り組む。2006 年以降、ハワイにおける日系文化に注視し、2013 年より福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続ける。2018 年、初の作品集『KIPUKA』(青幻舎)を上梓。

http://www.mojowork.com/


「緯度温度」

場所と距離の位相をとらえるための写真展シリーズ全2 回。同じルーツを持ちながら離れた土地で営ま

れるひとびとの生活を撮影する二人の写真家の個展を通じ、差異と類似を含んで並置されるイメージが

呼び起こすものについて考える企画。
キュレーター:原 亜由美

 

 

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery