キム・ハケン「RED DOG」

佐久間磨/Rondade「Dan and Jeff」

[artPotluck project vol.5]

imshow

出展作家:キム・ハケン、佐久間磨/Rondade

キュレーター:岡田翔

インストール:Rondade、workshoptrademark、岡田翔

展示協力:キヤノン株式会社、The White、稲垣貴俊

デザイン:相島大地

 

2020年9月5[土-29[火]

[火曜-土曜]12:00-19:30

[日曜]12:00-17:00

月曜定休/入場無料

 

 [EVENT]

GALLERY TALK9月6[日]17:00-

松井正(長野県信濃美術館学芸員)× キム・ハケン(アートアニメーション)× 佐久間磨(インスタレーション)

定員15名/要予約

 

 [展覧会サイト]

https://kakeru-okada.com/exhibition-imshow-20200905-20200929

 

 

 [展覧会出展作家インタビュー]

キム・ハケン >>https://youtu.be/jpzQE3qCLzM

佐久間磨/Rondade >>https://youtu.be/Uyc9ibHxNWI

インタビュー : 岡田翔(当展キュレーター)

 

-

 

 [プレスリリース]

 この度、アニメーション作家のキム・ハケン、Rondadeとして活動する佐久間磨による展覧会「imshow」を開催致します。

 「imshow」はジャンルや手法にとらわれない作品の在り方や展示方法について作家とキュレーターが実践的考察を行っています。

 現在、「アニメーション」や「インスタレーション」という言葉は、至るところで耳にします。しかしながら、展覧会という場に目をやると、「アニメーション」の展示方法は、映画の鑑賞方法を引き継ぐ形に留まっています。また「インスタレーション」も「空間彫刻」としての理解が反映されていない展示が少なくありません。

 今回は、各作家が「アニメーション」と「インスタレーション」の技法と思考を持ち合わせながら展覧会を組み上げていくことで、「アニメーション」、「インスタレーション」それぞれの作品、展示方法のアップデートを試みます。

 

-

 

 [プロフィール]

キム・ハケン

1982年韓国ソウル生まれ。アニメーション作家。2011年東京工芸大学芸術学部アニメーション学科卒業。

2013年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。

主な展示・受賞に、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017参加、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品、Anim’est 国際アニメーション映画祭(ルーマニア) BEST STUDENT 賞、Cutout fest 2013 学生部門特別賞など。

 

佐久間磨/ Rondade

「Rondade」は、様々なアーティストとの共同プロセスを通じて、独自の本を制作する出版社。さまざまなアートフォームを

創造の初期衝動に立ち返り、既成の枠にとらわれない形と方法で現化することを目的にRondadeを設立。

主なアートブック、写真集に冨井大裕『関係する/ Interact』、伊丹豪『photocopy』、Buku Akiyama『Composition No.1–10 and the derivatives, 2001–2016』、澤田育久『substance』などを出版。

 

-

 

 artPotluck project]

kanzan galleryの中田輝昭が2019年9月より新設したプロジェクト。

kanzan gallery/馬喰町・東京のギャラリースペースを使用し不定期にて開催。

>>第一回 9/7-10/13 風間雅昭 写真展『路上の記憶』1968-1971

>>第二回 11/1-12/25 『寺山修司 贋絵葉書展』

>>第三回 6/13-28  岩崎ナギ『7日目』

>>第四回 8/5-30 imshow

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery