原田裕規《心霊写真#1》2018年

 

Kanzan Curatorial Exchange 「残存のインタラクション」vol.2

原田裕規「心霊写真/ニュージャージー」

企画:和田信太郎|施工:清水玄|広報:玉木晶子|協力:コ本やhonkbooks

 

2018年 3月9日(金)- 4月8日(日)

12:00-19:30/日曜17:00まで/月曜定休/入場無料

 

▶OPENING : 3月9日(金)17:30~19:30

▶ゲストトーク :

・田坂博子(東京都写真美術館学芸員)3月24日(土)16:00-17:30

・中尾拓哉(美術評論家)3月31日(土)19:00-20:30

・三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)4月7日(土)16:00-17:30

 *いずれも予約不要、無料

 

 

>>Press Release

美術家・原田裕規の個展「心霊写真/ニュージャージー」を開催します。

本展は、原田が2012 年に行った「心霊写真」展(榮龍太朗との共同企画)、2017 年に行った「作者不詳」展

に続く「写真シリーズ」の総集編に位置付けられます。展覧会場では、それぞれ異なるタイムラインに

属する2 つの展示が並走するように、全体は「心霊写真編」と「ニュージャージー編」で構成され、イメー

ジの周りを囲い込む2 つの時間を往来するような体験が得られるでしょう。

 

「心霊写真編」では、原田が様々な場所で「発見found」した心霊写真が、その手法自体を「ひけらかす」

ように展示されます。「ニュージャージー編」では、原田がニュージャージーに赴いて撮影した写真を「自

ら発見したものfound-photo」と思い込み、撮影者の気持ちを想像して書いた「通信」を添えることによっ

て「架空の作者」を立ち上げることが試みられます。

 

このような方法で展示が行われるのはなぜでしょうか?

原田はこの展覧会を実現するにあたり、ニュージャージーで滞在制作し、日本国内でおよそ1 年間にわ

たり古物商や産廃業者として写真を収集してまわりました。

その結果、数千枚の写真を手にした原田が直面したことは、キャプションが付随しない写真を見ること

の困難さでした。誰が・何を・なぜ撮ったのかもわからない膨大なイメージに囲まれたとき、そこには

強迫観念に近い不安感が生み出されたのです。

しかし、かたやそこに「記念写真」「芸術写真」「心霊写真」などといった認識のフレームが与えられた

途端に、その困難が忘却されてしまうことにも気が付きました。そこで、自ら撮影した写真に向けられ

た眼差しを囲い込む「愛着」についてさえも疑いの目を向けるようになり、しかしその愛着をぎりぎり

捨てきることもできない状態に「宙吊り」になることを選択し、これら2 つの時間が並走するような展

覧会が実現しました。

 

本展の開催にあわせて、作家にとっては初となる「写真集作品」も会場で発表・予約販売されます。

みなさまぜひ、原田の新しい展開をご高覧ください。

 

 

▶同時開催

原田裕規「回顧展」

2018年3月23日(金)〜4月15日(日)

会場:コ本や honkbooks

ゲストトーク:飯盛希、上崎千、その他ゲストを予定

 

 

原田裕規 Yuki Harada

1989 年、山口県生まれ、千葉県在住。美術家。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。

社会の中で取るに足らないとされている「にもかかわらず」広く認知されているモチーフを取り上げ、

議論喚起型の問題を提起する作品で知られる。作品の形態は絵画、写真、インスタレーションなどに加

えて、キュレーション、テキストライティング、書籍製作など幅広い。代表的なプロジェクトに「ラッセン」

や「心霊写真」を扱ったものがある。主な著作に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、

2013 年)など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コ本やhonkbooks こほんや

2016年より活動するメディア・プロダクション。映像や書籍の制作、展覧会やプロジェクトを企画し、自ら運営する本屋(東京都北区王子)を拠点に展開している。青柳菜摘/だつお(アーティスト、1990年生まれ)、清水玄(ブック・ディレクター、1984年生まれ)、和田信太郎(ドキュメント・ディレクター、1984年生まれ)主宰。3人ともに東京藝術大学大学院映像研究科出身。最近の活動に展覧会シリーズ「残存のインタラクション」企画(Kanzan gallery、2017)、「ワーグナー・プロジェクト」メディア・ディレクション(神奈川芸術劇場KAAT、2017)、「新しい洞窟-もうひとつの岐阜おおがきビエンナーレ2017」ディレクション(2017)など。別名thoasa。

 

 

 

 

 

 

編著書『ラッセンとは何だったのか?』2013 年、書籍(企画・編著)、188×130mm

 

《エンドロール #20141204(A)》2014 年、インスタレーション、1907×3517mm、加藤健撮影

 

《パープルタウンの風景》2016 年、紙にレーザープリント、2200×420mm、村松桂撮影

 

All photo’ s © Yuki HARADA

 

NEW

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery