#on view / Kanzan gallery

藤倉 翼 NEON-SIGN8

 

2021年8月28日[土]-9月19日[日]

[火曜-土曜]12:00-18:30

[日曜]12:00-17:00

月曜定休/入場無料

 

*会場では、写真集『NEON-SIGN Tsubasa Fujikura』を販売致します。

 

GALLERY TALK|8月28[土]16:30- *>>Youtubeチャンネルにてアーカイブを公開中です。

藤倉翼(写真家)× 調文明(写真史研究/写真批評)

定員15名/要予約

*新型コロナウイルス感染予防対策として、

イベント当日17:30からは場内への入室を15名までとさせていただきます。

 

---

 

 [ステートメント]

 

ネオンサイン

 

ネオンサインはその場所や地域、そこに集う人たちや

文化までもを統合したシンボルといえる。

 

しかし技術革新と職人の高齢化によりネオンサインは衰退の一途をたどり

21世紀に入ってからは、LED看板の登場により急速にその数を減らしている。

 

この作品は、その消えゆくネオンサインに正面から向かい合い

ストレートに撮影したものだ。

ネオン管職人の技術と、看板という商業デザインの文脈において

一時代を築いたネオンサインに対するオマージュである。

 

通常屋外で見上げることが大半のネオンサインは

写真化された時点で、屋外広告・案内看板という本来の意味は取り除かれ

ネオンサインそのものが持つ工芸的価値と

アノニマスな職人の技術が輝き出す。

 

 

NEON-SIGN

 

A neon sign is both a symbol of a place

and its community, existing to integrate the life of both

people and culture.

 

In the ascendancy and evolution of electrical signage,

the lights of such craftsmen are rapidly becoming extinct.

 I confront these signboards photographing them as

honestly as possible.

 

This is my homage to neon's rise and gradual fall within

the context of commercial art. Once through that process

 of photography, the semantics and relationship

of meaning change their original purpose.

An essence of neon craftwork as anonymous

 artwork revives in the dark.

 

(藤倉 翼)

 

 

 [概要]

写真家・藤倉翼は2021年4月に自身初の作品集となる『NEON-SIGN Tsubasa Fujikura』を発売しました。

この作品集は2008年から制作が続けられている同名の作品を初期からまとめられており、2021年に札幌芸術の森美術館にて開催された展覧会にて展示された最新のインスタレーション作品も掲載されています。

 

今回の展示『NEON-SIGN8』はこれを記念し、近年の代表作から2021年制作の新作まで展示されます。藤倉は些細な興味から出発したこの作品を、失われつつある職人のクラフトマンシップと重ね合わせ、自身が敬愛する1960年代、70年代のカルチャーを紐解きながら、制作する作品のブラッシュアップを続けてきました。

 

一見して実験的かつ趣味的にも思える藤倉の作品は、モチーフであるネオンサインを通したクラフトマンシップや広告手法、時代性、美術史など様々なキーワードを通して読み解く面白さがあります。

様々な関係性が迷路のように入り組む作品群を、ぜひ展示会場でお楽しみください。

 

---

 

 [プロフィール]

藤倉 翼

1977年   北海道北広島市生まれ。札幌市在住。

1996年 北海道札幌工業高等学校卒業

 https://www.tsubasafujikura.com/

 

 [主な個展]

2018年 「neon-sign7」TEMPORARY SPACE(札幌市)

2017年 「neon-sign」VOU(京都市)

2017年 「neon-sign」LAD GALLERY(名古屋市)

2017年  「neon-sign」鮨いそのギャラリー(札幌市)

2016年  「neon-sign」KIITOS(札幌市)

2016年 「neon-sign」tokyoarts gallery(東京都)

2016年  「neon-sign」CAI02 Raum2(札幌市)

2010年 「日常的非日常」ROOM11 artspace(札幌市)

2009年 「つば写」テンポラリースペース、Pippin(札幌市)

2007年 「藤倉翼写真展」ほくせんギャラリーアイボリー(札幌市)

 

 

 [主なグループ展]

2021年   「アフターダーク」札幌芸術の森美術館(札幌市)

2020年 「Summer Group Exhibition」

               hpgrp GALLERY TOKYO(東京都)

2019年 「KG+ SELECT12」元淳風小学校(京都市)

2018年    「OTAKARA - Entdeckungen」MICHEKO GALERIE(ミュンヘン)

2018年 「棒に贈」VOU(京都市)

2018年  「MDP GALLERYアートフェスタ」MDP GALLERY(東京都)

2017年  「東京100人展」MDP GALLERY(東京都)

2016年  「帯広コンテンポラリーアート2016」(帯広市)

2016年 「攝影家聯展」Art Space金魚空間(台北)

2015年  「Gallery Monma In New York」ギャラリー門馬(札幌市)

2014年   「Zauberbox (玉手箱)」MICHEKO GALERIE(ミュンヘン)

     六甲国際写真祭2013に参加した写真家による

     「ポートフォリオ•エキシビジョン」3331ARTS CYD(東京都)

2013年 「写真 重力と虹」CAI02 Raum1(札幌市)

2012年 「日常の冒険」500m美術館(札幌市)

2011年 「 THE BEGINNING 」札幌パルコ新館(札幌市)

2010年 「REPUBLIC」テンポラリースペース(札幌市)

2009年 「さっぽろフォトステージ2009」札幌市写真ライブラリー

     (札幌市)

2006-2008年 「APA北海道支部展」4プラホール(札幌市)

2005年 「写真展GAP!」札幌コンベンションセンター(札幌市)

 

 

 [受賞]

2019年 KG+AWARD 2019 ファイナリスト

2018年   PX3 Silver Winner

               IPA Oneshot:Street Photography Honorable Mention

2014年 東川国際写真フェスティバル

     赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 準グランプリ

2005年 エスクァイアデジタル写真賞06-07 Art of still life賞

 

 

 [収蔵]

札幌芸術の森美術館

 

 

Tsubasa Fujikura

 

1977  Born in Kitahiroshima,Hokkaido,Japan

1996  Graduated from Hokkaido Sapporo Technical High school,Japan

 

 

[Serected Solo Exhibition]

2018  NEON-SIGN7, TEMPORARY SPACE, Sapporo

2017  NEON-SIGN, VOU, Kyoto

2017  NEON-SIGN, LAD GALLERY, Nagoya

2017  NEON-SIGN, Sushi ISONO Gallery, Sapporo

2016  NEON-SIGN, KIITOS, Sapporo

2016  NEON-SIGN, tokyoarts gallery, Tokyo

2014  NEON-SIGN, CAI02 Raum2, Sapporo

2010  Usually,Unusually, ROOM11artspace, Sapporo

2009  TSUBASYA, TEMPORARY SPACE/ Pippin, Sapporo

2007  Tsubasa Fujikura Photo Exhibition, HOKUSEN gallery ivory, Sapporo

 

 

[Serected Group Exhibition]

2021  Afterdark, Sapporoartmuseam, Sapporo

2020  Summer Group Exhibition, hpgrp GALLERY TOKYO, Kyoto

2019  KG+ SELECT12, Former Junpu Elementary School, Kyoto

2018  OTAKARA - Entdeckungen, MICHEKO GALERIE, Munich

2018  Vou ni Zou, VOU, Kyoto

2018  MDP GALLERY ArtFesta,  MDP GALLERY, Tokyo

2017  100 Tokyo Exhibition,  MDP GALLERY, Tokyo

2016  OBIHIRO CONTEMPORARY ART,  Obihiro

2016  Japanese Photographer Exhibition, Kingyo Kukan, Taipei

2015  Gallery Monma In New York, Gallery Monma & ANNEX, Sapporo

2014  Zauberbox (treasure casket), MICHEKO GALERIE, Munich

   PORTFOLIO EXHIBITION, 3331ARTS CYD, Tokyo

2013  Gravity and Rainbow, CAI02 Raum1, Sapporo

2012  Daily adventure, 500m museum, Sapporo

2011  THE BEGINNING, PARCO Sappro, Sapporo

2010  REPUBLIC, TEMPORARY SPACE, Sapporo

2009  Sapporo Photo Stage2009, CAI02 Raum2, Sapporo

2008-2006  Japan Advertising Photographer's Association (APA)

                   Hokkaido branch exhibition, 4PRAhall, Sapporo

2005  GAP!, Sapporo Convention center, Sapporo

2003-2004  Free lance feature exhibition, Free lance, Otaru

 

[Prize]

2019  Finalists for KG+AWARD 2019

2018  PX3 Silver Winner

          IPA Oneshot:Street Photography Honorable Mention

2014  Higashikawa International Photo Festival

     AKARENGA Public Portfolio Audition Second Prize

2005  Esquire JapanDigital Photograph Awards Art of still life Prize

 

 

[Collection]

Sapporo Art museum

 

---

 

#on view / Kanzan galleryは、2016年より写真と映像に携わる若手アーティストを「展示」という形で支援してきたKanzan galleryの新しいプログラムです。写真集の発行記念展や巡回展、または展示の実験の場として、写真家が主導する展示企画をサポートします。

当展「藤倉 翼 NEON-SIGN8」はその第2回目となり、年に2〜3回の開催を予定しています。

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery